今秋、浜松市がアジア初のインターカルチュラル・シティ(ICC)加盟都市となって5周年を迎えることを記念し、外国人の持つ能力や多様性を生かした活躍事例や可能性の引き出し方をテーマとしたトークセッションイベントを開催します。
プログラム
13:30 開会
13:32 主催者挨拶
13:35-14:35 第1部 トークセッション 可能性を広げるための日本語<当事者による視点から>
Card image cap
モデレーター
武蔵野大学 グローバル学部
日本語コミュニケーション学科
准教授
神吉 宇一 氏
社会人になって最初の仕事は小学校教員、その後、正規・非正規30以上の職を経験し、2013年より大学教員に。
2016年より現職。専門は日本語教育、言語政策。
Card image cap
スピーカー
Fale Japonês
髙橋 仁 氏
ブラジル・サンパウロ州出身。幼少期から舞台に憧れ自らも演技の道に進む。
その後、演劇で使うマスクに興味を持ち、職人の指導を受けベネチアンマスクを作る美術家に。
現在はシェフ・日本語教師・通訳と4つの肩書をもちマルチに活躍している。
Card image cap
スピーカー
外国にルーツを持つ若者グループCOLORS
宮城 ユキミ 氏
1994年4月、ブラジル・サンパウロ生まれ。
10歳で来日し、小学校6年生へ編入。日本語が全くわからず、最初は取り出しで日本語を学んだ。
当時の担任や周りの支えがあり日本の公立高校へ進学。静岡文化芸術大学文化政策学部国際文化学科卒業。
今は一般企業に勤める一方で、外国ルーツの子どもへの学習支援やCOLORSの活動を行っている。
休憩
14:45-15:45 第2部 トークセッション 外国にルーツを持つ若者のエンパワメント<支援者による視点から>
Card image cap
モデレーター
静岡県立大学
国際関係学部教授
高畑 幸 氏
1969年、大阪生まれ、秋田育ち。
大阪外国語大学(現・大阪大学)大学院を経て大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程(社会学専攻)修了。博士(文学)。
現在、静岡県立大学国際関係学部教授。専門分野は都市社会学、在日外国人問題(特に在日フィリピン人)。
フィリピン語の法廷通訳者としても約30年活動している。
Card image cap
スピーカー
静岡県立浜名高等学校
定時制教頭
小杉 友祐 氏
1971年生まれ。専門教科は保健体育。浜名高校定時制在籍2年目。
午後5時過ぎから昇降口前で生徒を「おはよう」と言って迎え、昇降口に入っていく後ろ姿を「いってらっしゃい」と見送る日々。
浜名高校定時制が、生徒も教員も安心して笑顔になれる場であるよう願っています。
Card image cap
スピーカー
学校法人ムンド・デ・アレグリア学校
校長兼理事長
松本 雅美 氏
三重県津市で生まれる。津高校、南山大学外国語学部卒業
2003年2月南米系外国人学校ムンド・デ・アレグリア学校設立。
現職―学校法人ムンド・デ・アレグリア学校校長兼理事長
※プログラム内容は一部変更することがあります
事前申込制
申込締切:2022年10月28日(金)まで
お問い合わせ
浜松市企画調整部国際課
TEL:053-457-2359
FAX:050-3730-1867
E-mail:kokusai@city.hamamatsu.shizuoka.jp
Copyright (C) 2022 HAMAMATSU All Rights Reserved.